スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウェア各部の名称と機能 ~パンツ~ 

パンツに付いていると便利な機能を紹介します。
基本的にメーカーや人によって機能の呼称などは違いますが、ウェア購入の検討の参考にしてみてください。

パンツ.jpg


①ウエストゲイター(パウダースカート)
ジャケットのウエストゲイター同様、転倒した際に、ウエスト間から雪の浸入を防ぐことができます。
(この写真では見えません。)

②ポケット
スノーボードのパンツはカーゴタイプのものがとても多いです。
恐らく、小物類を収納するのに便利だからだと思います。

③べンチレーション
ジャケット同様、ウェア内の体温調整をする役割をします。
パンツは内股部に付いているものが多いです。

④裾ゲーター
パンツの機能で重要なのが裾ゲーターです。
ブーツの上に覆い被せることで、ブーツ内に雪が浸入するのを防ぎます。

⑤ゲイターストラップ
裾ゲイターとブーツの紐と連結することで、裾ゲーターが上がることを防ぎます。
スポンサーサイト
 

ウェア各部の名称と機能 ~ジャケット~ 

ジャケットに付いていると便利な機能を紹介します。
基本的にメーカーや人によって機能の呼称などは違いますが、ウェア購入の検討の参考にしてみてください。

ジャケット.jpg
①チンガード
襟元から風や雪が進入するのを防ぎます。
フリースなどの柔らかい生地になっているものが多く、襟を立てることで保温性が上がります。

②フード
雨や吹雪の時に頭部を保護します。
ほとんどのウェアについていて、脱着可能のものもあります。

③べンチレーション
ウェアの機能の中でも重要なのがこのべンチレーション(通気用フャスナー)です。
体温が上昇し汗をかき湿度があがった時に、ウェア内に溜まった湿気を逃がす役割をします。
ファスナーを開けると中がメッシュになっているため風の通りをよくし、逆に寒くなったらフャスナーを閉めて保温性を高めてください。
脇・背中・胸などによくありますが、数が多いほど便利です。

④ゴーグルポケット
ゴーグルを収納するためのポケットで、メッシュや柔らかい生地になっています。
濡れてしまった時や雲ってしまった時などにいれておくと便利です。

⑤チッケットホルダー(ICタグ用)
ICタグのリフトチケットなどを入れるためのパスポケットです。
左腕にあることでゲートをくぐる時にとても便利です。

⑥ウエストゲイター(パウダースカート)
ウェアの機能の中でも重要なのが、ウェアの内部にあるウエストゲイターです。
転倒した際に、ウエスト間から雪の浸入を防ぐことができます。
裾にゴムが入っているものが多く、ジャケットを着る時は少しきつめに閉めましょう。

⑦ゲイターストラップ
ウエストゲイターとパンツをつけるためのもので、装着することで雪の浸入性をさらに高めることができます。
ただし、同じブランドでないと位置や装着方法も違います。

⑧チッケットホルダー
リフトチケットなどを入れるためのポケットです。
ゲートをくぐる時に取り出す必要がないためあると便利です。
ウェアの内側(ウエストゲイター裾あたり)や、袖についているモノが多く、⑤のチッケットホルダーと違い見えるタイプとなっています。

⑨ドローコード
裾部分を絞ることによってこの部分から雪などの進入を防ぎます。
ウェアのシルエットをスタイリッシュに見せ、内部の保温性を高める機能をします。

⑩カフゲイター(ハンドゲーター)
装着することで、袖口から雪の進入を防ぐことができます。
写真では見えませんが、親指を引っかけて手のひら全体を覆うタイプのものが多くストレッチ素材になっています。
 

バンダナのすすめ 

なぜバンダナがおすすめなのか?と疑問に思っている人もいるかと思います。

それは日差しが強い日の日焼け止めの役割をするのです。
鼻と頬の部分にマスクをすることでゴーグル焼け(逆パンダ)を防ぐことができます。
とは言え、一見銀行強盗にみえる「覆面スタイル」に始めは抵抗がある人も多いと思いますが何の心配もいりません。

それは、「覆面スタイル」は日焼け防止の意味合いと同時に、1つのファッションとしてすでに確立しているからです。
今や、どこのスキー場でもあちらこちらで「覆面スタイル」を見ることができますし、プロの世界でも同じことが言えます。

日本では笠原啓次郎プロが数年前から覆面ボーダーとして人気がありましたし、記憶に新しい所ではトリノオリンピックでショーンホワイト(男子ハーフパイプ金メダリスト)も星条旗のバンダナをしていましたね。

sambo流バンダナ着用法ですが、
①ゴーグルをする前に、三角に折ったバンダナを目元ギリギリまで当てがい、後頭部で結ぶ。
②バンダナに少し覆いかぶさる様にゴーグルをはめる。(その時、後頭部の結び目はゴーグルバンドの上にあるとよい)
③息をしやすいように、口周りを少し膨らます。
日焼け対策に悩んでる方は是非とも試してみてください。

笠原啓二郎Shaun White

                      人気blogランキング
                      スノーボードのお得な情報がいっぱいの総合ブログサイト。
 

チケットホルダーのすすめ 

チケットホルダーは、リフト券や小物をいれるためのものです。
最近ではウェアについてるものもありますが、持っていない人は1つ用意するとよいでしょう。
グローブをした手で、ポケットの中のリフト券を取り出す作業は非常に困難です。

チケットホルダーは形・大きさ・装着場所は様々ですが、シンプルなクリップタイプをパンツのチャックなどに付けるのが一般的なような気がします。
しかし最近では、リフトを降りる際にホルダーが絡まって転倒する事故が多発しているので、パンツに付ける際は注意してください。
►続きを読む
 

ネックウォーマーのすすめ 

ネックウォーマーとは字のごとくマフラーの役割をするもので、筒状の形状をしています。
降雪時・強風時には、顔がとても冷たくなり真っ赤になります。
冷たいだけならまだいいのですが、横殴りの雪が降ると頬や鼻にガツガツと容赦なくぶつかってくるのでホント最悪です。
そんな時、ネックウォーマーを頭からすっぽり被るだけで、悪天候時でも暖かく快適なスノーボードライフを送れるのです。
不思議なことに首が寒いのと暖かいのでは体感温度が全く違います。

山の天気は変わりやすいため、昼はピーカンに晴れているのに夕方から強風で雪が横殴りに降ってくるといったことは日常茶飯事です。
また、山のふもとと頂上でも同じような天候差があります。
そのため、必需品とまでは言いませんが、1つ持参していてウェアのポケットに入れておいた方が良いと思います。

おすすめはおしゃれでかわいいsnomanのネックウォーマー
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
日差しや紫外線をブロック♪SNOMAN 【サンバーンプロテクトマスク】    日差しや紫外線をブロック♪SNOMAN 【サンバーンプロテクトマスク】

                      人気blogランキング
                      スノーボードのお得な情報がいっぱいの総合ブログサイト。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。