スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

チケットホルダーのすすめ 

チケットホルダーは、リフト券や小物をいれるためのものです。
最近ではウェアについてるものもありますが、持っていない人は1つ用意するとよいでしょう。
グローブをした手で、ポケットの中のリフト券を取り出す作業は非常に困難です。

チケットホルダーは形・大きさ・装着場所は様々ですが、シンプルなクリップタイプをパンツのチャックなどに付けるのが一般的なような気がします。
しかし最近では、リフトを降りる際にホルダーが絡まって転倒する事故が多発しているので、パンツに付ける際は注意してください。
初心者に非常に多いのが、首から下げるタイプのものです。
このタイプは首に絡まったりして危険ですし、転倒の際に紛失しやすいのでおすすめはできません。

またスキー場で販売しているものに多いのが、腕章のように腕に装着するタイプです。
これは邪魔にならず便利なのですが、スノーボード特有の大きめのウェアに”きゅ”っと締まるので、見た目的にはNGのような気がします。

そこで私がおすすめするのが、巻尺のように伸び縮みするワイヤーがついてるクリップタイプのものです。
これをベルト帯の部分につけ、ホルダーをジャケットで被せてしまえば、滑走時やリフトの乗り降りの際にも支障がありません
リフトゲートをくぐる際もジャケットの下からホルダーを伸ばすだけで済みます。

ちなみに、ICチップ型のリフト券は小銭などの金属類と一緒にしてしまうと、サンサーが反応しなくなってしまいますので注意してください。

                      人気blogランキング
                      スノーボードのお得な情報がいっぱいの総合ブログサイト。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://howtosnowboard.blog57.fc2.com/tb.php/23-8ef8462b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。