スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

レギュラー?グーフィー? 

スノーボードは進行方向に対して体の向きがどちらか横になるため、どちらかの足が前で、もう一方の足が後ろとなります。

左足が前になるスタンスを"レギュラースタンス"、右足が前になるスタンスを"グーフィースタンス"と言い、スノーボードを始めるあたって決めておく必要があります。
それはスタンスによってバインディングの装着向きが異なるためで、また後ろ足よりも前足の方が進行方向側に振れているのが一般的とされています。
ではどのような観点からスタンスを決定すればよいのでしょうか。
人間の足には"利き足""軸足"があり、スノーボードの場合は軸足が前で利き足が後ろになることが多くなります。

軸足とはバランスをとり易い足のことを言い、利き足とはを出し易い足のことを言います。
自分はどちらかわからないと思う人も多いと思いますが、それを判定する方法があるのでいくつか紹介します。

☞サッカーでボールを蹴る方が利き足で、反対側が軸足
☞スケートボードのスケーティングでデッキに乗せている方が軸足で、地面を蹴る方が利き足
☞走り幅飛びで踏み込む時の足が軸足
☞目をつぶって片足で立った時に、安定している方が軸足
☞目をつぶって歩いた時に、左側に行ったら左が軸足、右側に行ったら右が軸足
☞無意識の時に乗っかかってしまう足の方が軸足

ただし、これはあくまでもチェックテストのようなもののため、参考程度に留めておいてください。

軸足・利き足の考え方から言うと、左足が軸足の人は"レギュラースタンス"の方が板の操作をし易く、右足が軸足の人は"グーフィースタンス"の方が板の操作をし易いと考えられます。
ちなみに、日本ではレギュラースタンスのスノーボーダーが圧倒的に多いのが現状です。

手が右利きならばレギュラースタンス、左利きならばグーフィースタンスという説がありますがこれは間違いなので注意してください。
右利き・左利きに関わらず、日本人は左足が軸足の方が多いようです。
これについては様々な説がありますが、学校のグランドが反時計回りになっていることがよく言われていて、幼少期の環境で大きく左右されるようです。
スポンサーサイト
 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://howtosnowboard.blog57.fc2.com/tb.php/30-7bee94a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。