スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フェイキー? 

"フェイキー"とは、通常のスタンスと逆向きに滑ることで、レギュラースタンスの人は右足が進行方向になり、グーフィースタンスの人は左足が進行方向になります。
スキーやアイススケートで後ろ向きに滑ることと同じで"スイッチスタンス"とも言います。
逆向きだからといって特別なことをする必要はないんですが、慣れるまで結構時間がかかります。
フェイキーのコツは、ずばり"目線"です。
バインディングが進行方向と逆向きになっているため、初めはどうしても"後ろ向き"に滑るいう意識が強くなるため恐怖心が伴います。

しかし、体は後ろ向きになっていても首を大きく振ってしまえば、進行方向の視野はある程度確保出来てしまうので、恐怖心も不思議と少なくなるのです。
ここで注意が必要ですが、視野を確保するといっても体(両肩を結ぶライン)を振らないようにしてくださいね。
体を振ってしまうと板まで回ってしまうので、首だけ回す(後ろから呼ばれて振り向いた時の格好)ことを意識してください。

あとは、通常スタンスのターンが出来る人は体の使い方を今までと逆にイメージし、体に覚えさせるだけです。
軸足が普段と逆になるため後傾になりやすいので、前のめりを意識して滑ってみると感覚をつかみやすいと思います。

ある程度のレベルまで達すると、フェイキーは必須となるため早い段階で挑戦することをおすすめします。
フェイキーが出来ると、足が疲れた時に逆向きにしたり、一緒に滑ってる人と向かい合わせで滑れるといった特典も付いてきますしね。
また、トリックの完成度も上がり、技のレパートリーもぐっと増えることになるでしょう。
スポンサーサイト
 

コメント

まだスイッチやったこと無いです~。
でも案外スイッチのほうが得意だったりするのではないかと思ったりもしてます。
レギュラーにするかグーフィーにするかしばらく迷ったくらいですから。

フェイキーランは本当に早めがいいですよ。
初めは逆になっただけで、滑れないことに苛立ちますけどね。
でも、そこで悩んで考えることが大事だと思いますよ。
軸足が逆だと強引に板を回したり出来ないので、ターンの際の体重移動や切り替えしのタイミングが再確認できたりもしますしね。


スイッチやってみました~

意外や意外。
そんなに違和感無くスイッチが出来ました。(超低速でちょっとしかやってないけど)

さすがに雪の状態が厳しいです。シーズン終了かなぁ。

>Super_dolphinさん
おおっ!!
きっと左右のバランスがとてもいいんですね。

確かに、今の時期はターンすら困難ですよね。
でも、そんな時こそフェイキーが新鮮に思えたりしますよ。
ちなみに私はフリーランの時、レギュラー:フェイキー=3:7くらいです。

ターンがしにくいんですが・・・

突然失礼します。
昨日人生2度目(1年ぶり)のボードに行ってきました!
自分は一応グーフィーなんですが、レギュラーだと、右にターンしにくく、フェイキーだと左にターンしにくいんです。
レギュラーで右にターンしにくいので、右に曲がりたい時はフェイキーにして、右にターンしてたんですが、やっぱりまずいんでしょうか?
知らず知らずにうちに、していたことなので、そうなっていたことにこの記事を読んで気がついたんですが・・・

>初心者丸出しさん

コメントありがとうございます。
しばらく更新していなかったためコメントにも気付きませんでした。
回答遅れすみません。

”レギュラーだと、右にターンしにくく、フェイキーだと左にターンしにくい”ということは、フロントサイド側のエッジの使い方が苦手ということですね。
フロントサイドターンはほとんどの方が、苦手としています。今後きれいな連続ターンを目指すのであれば、バックサイドターンだけではなく、フロントサイドターンの練習が必要と思いますよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://howtosnowboard.blog57.fc2.com/tb.php/31-d79ff3d4

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。