スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

軸足から考えること 

スノーボードにおいては、軸足がどちらであるかなど意味を持たないと思っていますし、人によってレギュラー向きグーフィー向きなどもないと思っています。

「じゃあ、今までの話(レギュラー?グーフィー?参照)はなんだったんだよ」と思う人もいると思いますが、スタンスを決める際の一般的な話だと思ってください。

そもそも軸足は遺伝や環境によって決まり、特に過去に行ってきたスポーツによって大きく左右されます。
水泳やスキーなどを長く経験してきた人や、今までスポーツと無縁だった人の多くは軸足・利き足は定まっていないと思います。
逆に、サッカーや走り幅跳びのようなスポーツをしてきた人は、軸足・利き足がすでに決まっているのではないのでしょうか。
軸足が決まっているということは左右の足で筋力のズレが生じているという考え方も出来ますよね。
スノーボードは状況に応じて軸足が重要であったり、逆に重要でなくなったりします。
何故ならば、進行方向が決まっているアルペンと違って、フリースタイルの場合は両方向で滑走出来ること(フェイキー?参照)がマストになってくるからです。
初めてターンを覚える人にとっては軸足が重要なポイントになるのですが、ある程度のレベルまでいくと左右均等のバランス能力が必要になります。
つまり、左右の足の筋力ズレをなくすことで、状況に応じて軸足・利き足を変えるということです。

左利きの人が訓練して右手も使えるようしたという話を聞きますが、これは足についても同じことが言えます。
私は、通常スタンスでのターンは出来るがフェイキーが苦手な多くの人に出会ってきました。
スノーボードの場合"慣れ"の部分が多く、どちらかのスタンスに"慣れ"てしまうとフェイキーがなかなか上達しなくなってしまうのです。
今までやって来たことをそのままフェイキーでやればいいと思うのですが、軸足が固定されてしまったためにどうもうまく体を動かせないみたいです。

と言っている私も、レギュラーの進行方向で長い間滑っていたためにフェイキーでは大変苦労した一人です。
レギュラーから強制的にグーフィーにした時期もあり、早い段階からフェイキーの練習をしてこなかったことに後悔しました。

これらのことから、軸足が定まっていない段階で生活の"慣れ"だけからスタイルを決めつけて、軸足を固定させてしまうことに若干の疑問を感じています。
むしろ、すでに軸足が定まっている人は逆のスタイルから始めたほうが上達が早いのではないか、とも思っているくらいです。
ということで、「始める段階からスタイルなどは決まってなく、どちらのスタイルにしても早い段階でフェイキーの練習をしたほうが上達も早くなる」という結論に至りました。
スポンサーサイト
 

コメント

シーズンが

そろそろおわりになるのかなと思うのですが、その間(夏の間)にやるべきこと、できることって何がありますか。来年はキッカーを飛んでみたいので、ぜひ教えてください。

>笑い男さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
夏にやるべきことはわかりませんが、夏でも出来ることをいくつか考えてみました。

①スノーボードをする。
これは室内ゲレンデやニュージーランドに行けば可能ですよね。私はキッカーやパイプの練習をするために、よく室内ゲレンデに行ってましたよ。集中的にアイテムの練習が出来るので、上達にはとても有効だと思います。今ではほとんどの室内ゲレンデで初心者用キッカーがあるので機会があったら試してみてください。ただ、どこも雪質が硬いのでケガには注意してくださいね。

②筋トレ、ストレッチをする。
来期に向けて筋トレとストレッチはある程度必要なのではないでしょうか。具体的なものとしては、スケートボードとヨガがおすすめです。

③イメトレをする。
早い時期からやるとストレスが溜まるので、私はシーズン近くになったらやっています。トリックにおいてはイメトレはとても大切だと思いますよ。私はよく、DVDのスロー再生や雑誌のシークエンスを頭に焼き付けて、実際に体を動かしたりしています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://howtosnowboard.blog57.fc2.com/tb.php/34-0426fae3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。