スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウェアの着こなし術 

ウェアや小物類を購入したはいいが、どのように着こなしたらいいか迷っている人も多いと思います。そのような人達のために"これはNGだろ~"と思われる項目をいくつか挙げてみました。
ゲレンデにでる前に鏡を見てチェックしてみてください。

①ゴーグルとビーニー(ニット帽)の間に隙間ができている。
こんなところの肌を露出する必要性はありません。ここだけ、日焼けなんかしちゃったら最悪です。ゴーグルはビーニーに少しかかるくらいに着けましょう。
また、ゴーグルは少し下げ気味に装着した方がスタイルが出ます。
NG1

②ウェアの裾が上にめくれ上がっていて、パウダーガードやプロテクターがむき出しになっている。
よく転倒した時にめくれ上がりますので、滑走中も意識してください。
NG2

③ジャケットの裾が広がっている。
裾が広がっているとレインコートやポンチョのように見えます。
また、ファスナーを締めない人もいますが、ジャケットが風でなびいてスーパーマンになっちゃいます。 前のファスナーをきちんと締め、適度にドローコードで裾をしぼめスタイルを出しましょう。裾をしぼめると寒さや雪もシャットアウトしてくれます。
NG3

NG3_2

④グローブの裾がウェアの袖に被さっている。
機能的には雪も浸入しにくいと思いますがこれだと、マギー審司ではないですが"手が大きくなっちゃった"となります。スタイルを出すためには、グローブの裾にウェアの袖を被せてください。
NG4

⑤パンツの裾をブーツの上までめくり上げている。
これだとブーツではなく長靴になっちゃいます。パンツの裾は地面とスレスレか、もしくは擦れるくらいまで下げたほうがスタイルがでます。
NG5

⑥パンツの裾ゲーターをブーツのインナーの中にいれる。
これは見た目のNGではないのですが、金具などで足首を痛めてしまうので気を付けてください。裾ゲーターはブーツの外に覆い被せ雪の浸入を防ぐためのものです。
NG6

スノーボードは自由なスポーツのため、ウェアの着こなし方も人それぞれです。しかし、誰もがケミカルウォッシュのジーンズがありえないと思うように、スノーボードの世界でもイケてないものはゲレンデ共通です。
スポンサーサイト
 

コメント

やっぱり

考えてしまいます。
一番気になるところはブーツ回りです。
紐が出ていると緩みやすいので出来るだけ隠すようにしています。
全く初めての方にありがちですけど
ブーツを覆い被せる事は
「スタイリッシュなボーダー」の第一歩だと思います(^^)/

ブーツの紐はいろいろ考えちゃいますよね。
凍ってしまった時は、かじかんだ手でほどかなければならないし、、、
紐を結ぶのも結構、力が必要ですし、、、
最近ではBOAが流行ってますけど、女の子には強い味方になっているのではないでしょうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://howtosnowboard.blog57.fc2.com/tb.php/37-05e2d62e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。