スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スタンスのセッティング その3 ~センタリング・セットバック~ 

スタンスのセッティング その2~アングル~が決まれば、次はセンタリング・セットバックの確認です。

その3 ~センタリング・セットバックを確認する~
センタリングとは、進行方向に対して垂直方向のバインディング調節をすることです。
足の大きい人はブーツの先やかかとが板からはみ出してしまったり、足の小さい人はどちからに偏りがちです。かかとやつま先に偏ってしまうと、どちらかのエッジに偏って乗ってしまうことになります。そうならないためには、バインディングを装着した後、必ずブーツをはめてはみ出し量や偏り量をチェックしてみてください。ブーツがどちらかに偏っていたら、ブーツ中心が板の真ん中にくるような再セッティングが必要です。

セットバックとはボードの接雪長さの中心よりもバインディング間の中心をテール側(進行方向逆側)に寄せてセッティングすることです。セットバック値は重心がどれだけ板のテール側にあるかを図るための指数値となります。
前足中心から接雪の先端までの長さ(写真A)-後足中心から接雪の後端までの距離(写真B)=セットバック値となります。メジャーで実際に測ることで、大体の数値はわかると思います。
setback

セットバックをすることでボードの先端が沈まないため高速時の安定性が高まります。しかし、セットバックしすぎてしまうとターン操作性が悪くなります。一般的にセットバック値は0cm~4cmくらいで、最近ではセットバック値が設定されているボードも多くなっています。セットバックされてる板は、バインディングをインサートホール(板のビス穴)の中心に装着すると、公表値分だけセットバックされるのです。ちなみに私は普段あまり気にしませんが、春雪やパウダーの時にセットバックを多めにしています。
セットバックについては初心者の方はあまりシビアになりすぎることはないと思いますが、知識として知っておくとよいでしょう。

スタンスのセッティング方法が理解できたらいよいよ、バインディングの取り付け方法です。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://howtosnowboard.blog57.fc2.com/tb.php/40-04d8b2db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。