スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

バインディングの取り付け方法 

スタンスのセッティングが決まったら、いよいよ実際にバインディングを取付けてみましょう。これから、4×4タイプのディスクプレートでの装着方法の一例を紹介します。

まず、板自身のスタンス幅を調べてください。板自身のスタンス幅は左右のインサートホール(バインディングを取り付けるための板にあるビス穴)間の長さを測ればわかります。ただし、インサートホールは左右ともに複数あるので必ず、中心間を測ってください。私の板の場合54cmなので、インサートホールとディスクプレート(バインディングの丸いプレート)の真ん中同士の位置で取り付けると、スタンス幅が54cmとなります。(写真参考)
diskhole
また、アングルの調整はディスクプレートに対してバインディング自体を傾けて装着すればよいのです。傾ける時は、大概のバインディングはベースプレートにメモリが振ってあるのでそれに合わせればよいでしょう。(写真参考)メモリが振ってないものは1メモリ、3度で計算してください。
katamuki
では、スタンス幅を変更したい時はどうすればよいでしょうか。答えは、ディスクプレートのホール(ビス穴)の位置をずらすことで簡単に行えます。普通に装着した状態から後ろのバインディングを1cm(ビス穴2個分)テール側にずらすと、スタンス幅が54cm→55cmとなります。
しかし、スタンス幅を変更したら、セットバック値も変わってしまうことを忘れないでください。この板自身のセットバック値は0cmのため、後ろのバインディングを1cmずらしたことで、バインディング間の中心が5mmずれるためセットバック値は0cm→5mmとなります。スタンス幅、セットバック値については板のカタログで公表していることが多いので、調べてみるとよいでしょう。このようにして、スタンス幅とセットバック値の関係を調整しながら、ベストのセッティングをしてみてください。

スタンス幅とセットバックの調整が終わったら、次はセンタリング調整と言いたい所なのですが、実は4×4タイプのディスクプレートの場合、スタンス幅(もしくはセットバック)かセンタリングの微調整のどちらかを選ぶことになります。選択方法はプレートの向きで決まり、穴の向きが進行方向と一緒ならスタンス幅とセットバックの微調整、進行方向に対して垂直ならセンタリングの微調整となります。(写真参考)そのため、まずはスタンス幅とセットバックの微調整を優先して装着してみて、その状態でブーツがあまりにもどちかかに偏るようなら、センタリングの微調整に変更してみてください。stancewidth
sentering

スポンサーサイト
 

コメント

勘違いですよ

後ろのバインディングを1cmずらしてもセットバック値1cmとはなりません。
5mmですよ。
両方のビンディングを後方に1cmずらして、初めてセットバック1cmとなります。

ご指摘ありがとうございます

コメントありがとうございます。
犬さんのおっしゃる通りです。
修正しました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://howtosnowboard.blog57.fc2.com/tb.php/41-24c4fbd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。